どうしてもドッグフードを食べなくなったらの工夫とは?

どうしてもドッグフードを食べなくなったらの工夫とは?

愛犬がドッグフードを食べない時はどうしたものだかと悩みますね。

 

なぜ食べないんだろうと、原因を知りたいものです。

 

今までのように食べなくなったのには大抵原因があります。

 

犬がドッグフードを食べないのは飼い主さんが原因の場合がありますよ。

 

犬がドッグフードを食べない原因、季節による食欲低下

 

冬と夏だとどうしても夏の方が食欲が落ちます。

 

体重差がさほど変わらない、元気はあって水分は欲しがるのなら大丈夫です。

 

夏は食欲が人間も落ちるのと同じです。

 

あまり食べない場合はドッグフードの工夫の余地もありますし、果物など与えても良いですね。

 

犬に食べさせてはいけない果物

 

〇キーウィ

 

〇みかん、グレープフルーツなどのかんきつ類

 

〇ぶどう

 

〇もも

 

〇パイナップル

 

上に挙げた果物以外でしたらわんちゃんが喜ぶのであれば少量を与えても良いと思います。

 

うちのぽめちゃんは果物をいっさい食べません。

 

わんちゃんの好みもどうやら様々なようですね。

 

犬のわがままでドッグフードを食べなくなった

 

知り合いにもこんな飼い主さんが何人もいます。

 

「うちはカリカリのドッグフードは食べないのよ、だから缶詰オンリー」

 

私が、「缶詰よりも犬の健康を考えるとトータルではドライタイプの方が良いのよ」

 

と、言っても「ドライは絶対に食べてくれないから、うちはムリなの」

 

あ~、そうじゃないのに。

 

缶詰の方が風味豊かですね。

 

涼しくなると缶詰は温めて与えているようです。

 

ウェットタイプのドッグフードは温めると更は美味しさが増します。

 

犬は一度美味しいものを食べてしまうと、それに慣れてきますね。

 

ドライよりもウェットタイプの方が美味しいですから。

 

そうやってドライタイプのドッグフードを食べない時期が続くと、工夫をしないと中々戻れないですね。

 

ワンちゃん喜ぶドライタイプの美味しいおすすめドッグフードランキングトップ3

 

ドライのドッグフードしか出さなかったら心を鬼にしてみる

 

ドライフードしか出さなかった場合は?

 

食べますとも。

 

お腹がすけば缶詰じゃなくっても食べます。

 

飼い主さんがその気になればドッグフードを今からでもドライに替えることは出来ます。

 

飼い主さんがわんちゃんに負けてしまったら難しいですね。

 

ただ単に犬は美味しいものが好き。

 

待っていれば美味しい缶詰がもらえるとわかっているのです。

 

だから食べ物に対するわがまま、好き嫌いなだけなんです。

 

 

どうしてもドッグフードを食べなかったら?

 

犬がドッグフードを食べない理由は今挙げた「季節的な食欲低下」「美味しいものしか食べたがらないわがままから来るもの」

 

その他にはストレスで食べない事もあります。

 

環境が変わると食欲が減ってきます。

 

もとの環境に戻ればまた食欲が出てくる事がほとんどです。

 

病気による食欲の低下もあります。

 

元気がない、お水も飲まない場合は夏バテ以外の病気の疑いもあるので、獣医さんに診せると安心しますね。

 

ドッグフードを食べない時の工夫

 

何とかしてわんちゃんにはドッグフードを食べてもらいたいですよね。

 

そんな場合はいくつか工夫があります。

 

〇 器を温める

 

〇 トッピングをする

 

トッピングも癖になる事があるので、短期間だけが良いですね。

 

鰹節やゴマ、ヨーグルトをドッグフードのトッピングにしている飼い主さんがいますが、これはNGです。

 

栄養もありますが、結石を持ってしまうことや乳製品はあまり良くない場合もあります。

 

私は人参、ブロッコリー、キャベツをゆでてトッピングを時々乗せています。

 

もちろん味なしです。

 

 

愛犬がどうしてもドッグフードを食べなかった時には、お皿をいったん下げてみる。

 

そうすると食べなかったら下げられてしまうと言うことを学習するようになります。

 

そこで問題がクリアできたら良いのですが、それでも食べなかったら先ほどのトッピングを足すとたいていのワンちゃんはドッグフードも食べてくれます。

 

今食べているドッグフードは犬には良くない穀物たっぷりの材料で作られていませんか?

 

美味しいドッグフードでワンちゃんの健康を考えたおすすめのドッグフードがあります。

 

お肉、魚などをたっぷり使ったドッグフードだったら美味しく食べてくれること間違いなしですね。

 

安心だけじゃない美味しくてワンちゃん喜ぶドッグフードランキングトップ3詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

良いドッグフードは愛犬の健康を守る
ドッグフードはお腹がすくから与えると言う意味の他、ドッグフードで健康を維持するということもあります。添加物や穀物の入っていいない良いドッグフードを毎日愛犬に与えていれば健康面を考えても安心です。
食が細かったドッグフードを替えて犬が食いつきが良くなった理由とは?
食が細いワンちゃんは心配ですよね。 そんなわんちゃんは元々小食なのかなと思ってしまいがちです。 じつはドッグフードの材料に使っている物が美味しいとは言えないもので作られていることが原因だったりします。 食が細いと思っていたわんちゃん、実はドッグフードを替えてたくさんたでるようになった子がたくさんいます。
よく吐くようになったのはドッグフードに原因があるから?
愛犬がドッグフードを食べて吐いたと言う経験はありませんか? 一過性で吐くと言うこともありますが、命に危険のある前触れな場合もあります。 嘔吐物がどんなものか、吐いた後元気はあるかどうかでも違います。 元気ではない場合、獣医さんにすぐに診せに行った方が良いですね。
犬の成長ごとにドッグフードは変えた方が良いの?
愛犬には健康で長生きしてもらいたいから、安心できるドッグフードを与えたいですね。 品質重視を第一に考えた愛犬が喜ぶおすすめのドッグフードのランキングを集めました。 本当に良い厳選した材料をだけを使ったドッグフードで飼い主さんも安心。