ウェットタイプや缶詰のドッグフードとカリカリのドライタイプどっちが良いの?

ウェットタイプや缶詰とドライのドッグフード本当に良いのはどっち?

ドライタイプのドッグフードでおすすめは食いつき最高愛犬喜ぶファインペッツです。

 

ほとんどの飼い主さんは愛犬にはドライタイプ、いわゆるカリカリをあげていると思います。

 

何となく半生タイプのドッグフードはいつも食べさせるフードと言う感じがしませんものね。

 

缶詰のものも売られていますがこれも常食用ではないと判断する飼い主さんも多いと思います。

 

ドライタイプがなぜおすすめなのか、半生タイプや缶詰のドッグフードのメリットデメリットはどんなことなのか調べてみました。

 

半生用のウェットタイプドッグフードのメリットとデメリット

 

ご褒美用にウェットタイプをあげる飼い主さんは多いようです。

 

でも、この半生タイプのドッグフードには気をつけなければなりません。

 

食欲がない時でも人工的においしい味付けをしてあるのでワンちゃん大喜びで食べます。

 

でも、人工的に味付けしているドッグフードなんか食べさせたくないですよね。

 

 

ウェットタイプのデメリット

 

ウェットタイプは本来の素材の味ではなく人工的に添加物で味付けしたものなのです。

 

人工的に味付けしたと言うのは、人口甘味料や余計な塩分を追加しているから美味しく感じます。

 

そして、半生なので水分がたっぷり。

 

劣化することがドライタイプよりも高いので、保存料はかなり入っています。

 

ウェットタイプのメリット

 

シニアになって歯が弱いワンちゃんはウェットタイプだけをあげている飼い主さんもいます。

 

更に缶詰も与えていると言う私の知り合いがいます。

 

もう歯が弱くてドライタイプは食べないそうです。

 

ですが、添加物や嗜好品的要素が多いので、やっぱりドライを食べさせた方が安心です。

 

そんな時、安全なドライフードをお湯にふやかして食べさせることでウェットのものを買わなくても済みますよね。

 

生命を維持していくのには少しでもお腹に入れなくてはならないので無理にドライをそのままあげる必要もなく、ふやかして柔らかくすればOKです。

 

美味しくて品質重視の安全フードを柔らかくふやかして食べてワンちゃんは元気になってもらえたら飼い主さんも安心ですね。

 

もしも缶詰タイプのドッグフードを与えるなら?!

 

缶詰タイプだとおいしそうに食べるんですよね。

 

昔は食欲がない時にワンちゃんにあげていました。

 

どうしてもワンちゃんが喜ぶから缶詰ばかりをあげていると言う飼い主さんがいます。

 

しかしながら、缶詰タイプのドッグフードは水分が8割以上入っているので、栄養的に缶詰だけじゃ足りなそうです。

 

最近は缶詰タイプの内容とほとんど変わらないものがレトルトタイプでも販売されています。

 

でも、容器が違うだけで内容は同じですね。

 

もしも食べさせるとしてもおやつ程度、嗜好品と考え与える程度?

 

ドライタイプと違ってかなり口の中の環境に悪いから、缶詰やウェットタイプのフードを与えるのはやめた方がワンちゃんのためですね。

 

ワンちゃんが虫歯になったら大変ですよね。

 

ウェットタイプと缶詰のメリット

 

老犬になると歯が悪くなりドライタイプは全く受け付けないと言うワンちゃんもいます。

 

知り合いの飼い主さん、全くドライフードをあげていないのはそんな理由からなんです。

 

一度半生や缶詰タイプで慣れてしまうとますますドライタイプのドッグフードに戻すことは難しいかもしれません。

 

ワンちゃんの年齢や体質でドライを食べられないと言う子はウェットタイプを想像してお湯でふやかし、ドライのドッグフードの固さの調節をすれば問題ないですね。

 

私がおすすめするファインペッツひとつあれば、ウェットにも出来るし何しろワンちゃんが美味しく食べるのが飼い主としては嬉しいです。

 

美味しいからファインペッツさえあればおやつも欲しがらないです。

 

このドッグフード一つで大丈夫なので、とても経済的なんです。

 

うちのワンちゃんは13歳ですが歯のため、ぎりぎりまでカリカリのドライタイプのドッグフードを与えるつもりです。

 

もしも歯が弱ってしまってカリカリフードが食べにくくなってしまった時には、お湯でふやかして与えようと思っています。

 

幼犬から命を全うするその時まで安心して与えることが出来るドッグフードファインペッツ一筋詳しくはこちら

 

 

 

 

 

関連ページ

飼い主さんのドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まる
ドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まってしまうと言うのは本当です。 添加物たっぷりのフードを与えていたら身体の不調も色々なところに現れる率が高いのです。 普大切なワンちゃんの命を守っていくドッグフード。 飼い主さんのドッグフードの選び方ひとつでワンちゃんの健康維持につながります。
愛犬を長生きさせるために大事なのは良いドッグフードと運動
愛犬に長生きしてもらいたいと思うのはどんな飼い主さんも同じ。 病気知らずで元気いっぱいに毎日を過ごしてもらいたいですよね。 それには飼い主さんもワンちゃんにドッグフードの大切さを分かったうえで与えて欲しいと思います。 ワンちゃんを長生きさせるための秘密とは? 品質重視を第一に考えた愛犬が喜ぶおすすめのドッグフードのランキングを集めました。 本当に良い厳選した材料をだけを使ったドッグフードで飼い主さんも安心。
愛犬には運動と評判の良いドッグフードが大事
愛犬が健康で長生きできる評判のドッグフードとは? 愛犬の体質にあったドッグフードを選ぶことは大切です。 評判でおすすめのドッグフードトップ3はどれも安心で安全ですが、それぞれ特徴があるのでワンちゃんの体質にあったドッグフードを選ぶと言うことは大切です。
穀物不使用のドッグフードのメリット5選
愛犬のドッグフードは穀物不使用の方が良いと言われています。 犬はもともと肉食動物です。 穀物だと、ワンちゃんの消化能力が厳しいものとなり、消化不良を起こしかねません。 グレインフリーと言われる穀物不使用のドッグフードメリット5選とは?
安全性の高い成分が入っているドッグフードの選び方とは?
安全性の高いドッグフードを愛犬には与えたいですよね。 例えば、どんなものが良くないのか知っておくことも大事です。 私がおすすめするドッグフードランキングトップ3のファインペッツ、カナガン、ネルソンズはドッグフードの中でもかなり安全性の高い成分が入っているドッグフードと言えます。
動物病院ですすめられるドッグフードの真実とは!?
動物病院ですすめられるドッグフードは安全安心なものなのでしょうか? どこか不調があって獣医さんに診てもらった結果某ドッグフードをすすめられることになった飼い主さんも多いのです。 そのドッグフードを食べて元気になったワンちゃんがいるのも確かですが、添加物が入っているなどのうわさがあるのも事実です。
添加物が入っていない安全なドッグフードを選ぶには?
ワンちゃんには添加物が吐いていないものをあげたいですね。 人間も同じですが、添加物を多く含む食品を食べると身体に不調をきたします。 では、ドッグフードで添加物が入っていないものがあるのでしょうか?
食が細い子に与えたい食いつきの良いドッグフードなら断然カナガン!
ワンちゃんは食べることが一つの楽しみです。 良い素材を使用したドッグフードはもちろんの事、健康になって美味しいドッグフードを与えてあげたいですね。
初めてのドッグフードの選び方のポイントは?
初めてのドッグフードの選び方のポイントは何と言っても年齢と体重です。そこにそのワンちゃんの体質も考慮します。アレルギーがあるかどうかも早めにわかればアレルギー専用のドッグフードを選ぶ事がまずは大事ですね。