老犬には体重管理を考えたシニア用ドッグフードを与えよう

老犬には体重管理を考えたシニア用ドッグフードを与えよう

わんちゃんはいつも体重管理をしておく必要があります。

 

アダルトと言える年齢になると、食が細い子、良く食べる子に別れてきます。

 

わんちゃんの性質や各々の運動量によって代謝も違って来ますね。

 

肥満犬になったら困るので、そういう場合は「体重管理」を考えたドッグフードにする必要も出てきます。

 

老犬(シニア犬)も同じで、たいていのワンちゃんは代謝が落ちるので「体重コントロール」をしていかなければならなくなります。

 

シニア向きドッグフードは老犬に必要?

 

シニア期前でも肥満になれば色々と病気を引き起こします。

 

心臓に負担がかかる

 

糖尿病

 

 

足腰が弱くなる

 

 

病気の引き金になる肥満の予防を考え、わんちゃんに長生きしてもらいたいから体重管理は必要ですね。

 

7歳を過ぎたころから、シニア期になり代謝が落ちてきます。

 

運動大好きワンちゃんならさほどでもないと思いますが、運動量も少なくなったわんちゃんは今までのドッグフードを与えていたらどんどん太ってきますね。

 

飼い主さんがそう感じた時にはシニア用のドッグフードで「体重管理」をしていくと良いですね。

 

まだ7歳、運動量も代謝もあまりかわらないわんちゃんならまだドッグフードシニア向けに替えなくても良いかもしれません。

 

シニア期になると摂取カロリーはだいぶ少なくなります。

 

シニア用のドッグフードは低カロリーで作られていますので、その年齢になって代謝が悪くなってきたらシニア用を与えると安心ですね。

 

おすすめドッグフードシニア向けはこのふたつファインペッツとカナガン

 

老犬(シニア)のドッグフード体重管理と摂取カロリー

 

ワンちゃんが元気でいるのは食事が要です。

 

あまりドッグフードを食べな無くなったら栄養が足りているか心配ですよね。

 

だいたいシニア向けドッグフードはカロリーは低いのですが、栄養分は足りるように作られています。

 

良いシニア用のドッグフードに腸内環境を良くする内容のものが含まれていますので、小食の子でお腹の弱い子でも安心して与えられますね。

 

 

老犬は消化吸収がとても悪くなります。

 

シニア向けドッグフードで品質重視のものでしたら、良質のたんぱく質がふんだんに使われていますので、歳をとって筋力が弱ったワンちゃんにも与えて安心なのです。

 

安いシニア用ドッグフードはどうなの?

 

安いシニア用のドッグフードですと、アダルトよりは量増しが少なくなってますがワンちゃんにとって必要な良質のたんぱく質は微々たるものです。

 

安く作られているドッグフードは金額を抑える為、どうしても品質までは回らないのでしょうね。

 

安いドッグフードでも「肥満対策」「シニア用」のドッグフードが販売されています。

 

市販のシニア用ドッグフードは量増しは少なくしているとはいえ、添加物、保存料は入っていることが多いです。

 

添加物、保存料の大量摂取は人間も体調不良を起こしてしまう?

 

添加物たっぷりの食べ物をtべていると人間でも不調を起こしたり、癌になりやすいと言われています。

 

わんちゃんのドッグフードの内容によっては生命にもかかわってきます。

 

シニア期になったら、低アレルギー対策がされていて、穀物不使用(グレインフリー)、添加物不使用、お肉がたっぷり使われていているのを選びたいですね。

 

ワンちゃんにとっても食事は美味しくて楽しいものと思ってもらいたいですよね。

 

そうなると食いつき抜群のおすすめドッグフードだったら美味しいし、安全安心なので飼い主さんもワンちゃんもきっと満足するでしょう。

 

美味しく体重コントロールが出来ちゃうおすすめドッグフードはファインペッツとカナガン

関連ページ

代謝が悪くなっているシニア犬におススメなドッグフードとは?
老犬(シニア犬)は代謝が悪くなります。 今までと同じドッグフードを与えていますか? シニア用に切り替える場合もありますが、うちのわんちゃんは年齢によって分けられていないファインペッツを安心して食べさせています。
老犬にはシニア犬専用のフードをあげた方が良いの?
愛犬がシニア期(老犬)になった時にはシニア専用のドッグフードを与えた方が良いのでしょうか? カロリーの事、歯の事、健康の事を考えてシニア専用のドッグフードをおすすめします。 ファインペッツは前年齢に対応しているドッグフードなのでこちらだったらこれ一つでワンちゃんの一生を支えることが出来ますね。
ドッグフードシニア用に何歳頃から切り替えたら良いの?
愛犬には健康で長生きしてもらいたいから、安心できるドッグフードを与えたいですね。 品質重視を第一に考えた愛犬が喜ぶおすすめのドッグフードのランキングを集めました。 本当に良い厳選した材料をだけを使ったドッグフードで飼い主さんも安心。
ドッグフードシニア小型犬におすすめなのは?
ドッグフードシニア用の小型犬におすすめなのは? まずは小粒を選びたいですね。 消化吸収の良い品質重視のものでおすすめなドッグフードは? ランキングトップ3に入っているファインペッツとカナガンはドッグフードシニア小型犬におすすめです。
高齢犬におすすめなドッグフードは?
高齢犬になったら、ドッグフードもシニア用に帰る必要が出てきます。市販のドッグフードや通販でも年齢別にドッグフードを選ぶようになってますね。でも全年齢OKなドッグフードもあります。幼犬から成犬~シニア犬まで対応しているドッグフードはまさに高タンパク質でお肉本来のおいしさと原料で安心できるもの。7歳を過ぎた老犬にはドッグフードも安心安全なものを吟味してあげたいですね。