安全性の高い成分が入っているドッグフードの選び方とは?

安全性の高い成分が入っているドッグフードの選び方とは?

ドッグフードの中には安全性の高いものばかりではありません。

 

危険な材料を使っているドッグフードも売られているのです。

 

愛犬にはそんなドッグフードを与えたくありませんよね。

 

飼い主さんは安全性の高いドッグフードをワンちゃんに食べさせたいですよね。

 

安全性の高い成分で作られているドッグフードの選び方について調べてみました。

 

安いドッグフードを作っている材料の中身とは?

 

何が安全で、どんなものが材料に入っているのがいけないドッグフードなのか最初は私も全く知りませんでした。

 

愛犬の身体を作るものだったら安全性の高い材料を使用している方が良いに決まってます。

 

まずはどんな材料をドッグフードに使用しているかを知っていた方が良いですね。

 

良くない材料を使っているドッグフードの見分け方の一つとして安いドッグフードがあげられます。

 

少しでも安いドッグフードの方が家計は助かるし、そんなにドッグフードの中身は変わらないでしょうと思っている飼い主さんもいるのではないでしょうか?

 

でも、違うんです。

 

安いドッグフードはそれなりに理由があるのです。

 

安く販売するためには材料にお金をかけられません。

 

ワンちゃんにとって消化しにくい穀物の詳細をチェック

 

ですので、とっても穀類がたくさん入っています。

 

穀物とは代表的に「米、小麦、とうもろこし」のこと。

 

これらは一見身体に良さそうですよね。

 

でも、基本的に肉食動物のワンちゃんには消化しきれない食物なんです。

 

それをわかっちゃいるけど、ドッグフードそのものの量を多くするには安価な穀物を入れざるを得ないと言ったメーカー側の言い分なのです。

 

安いドッグフードの需要も確かにありますので。

 

安全性が高いドッグフードとは?

 

 

安全な材料のドッグフードを食べると消化不良を起こしにくいのです。

 

ワンちゃんの身体に不調が起こらないのです。

 

この二つは安全な材料が入っているからこそですね。

 

と言うことは穀物が入っていない事

 

危険な材料(肉の副産物等)がドッグフードの材料に入っていない事
↓↓

肉の副産物とは?

 

肉以外のもの。

 

例えば、内臓等や、血液、

 

4Dミートと言われているものなのです。(DとはDaedを中心に4つの恐ろしいD)

 

日本語で言うと死骸、病気、死にかけ、障害のあると言った言葉すべて英語ではDから始まります。

 

この4Dミートの中身には病気になった動物も材料になってしまっていると言うこと

 

良質なお肉たっぷりだから天然の肉のうまみで食いつきが良い

 

添加物、塩分や余計な脂肪分で味付けされていない

 

涙やけもなりにくい

 

毛並がものすごく綺麗になってくる

 

そのようなワンちゃんにとって良い影響を与えるドッグフードが安全と言えますね。

 

愛犬に安心なおススメできるドッグフードはファインペッツ、カナガン、ネルソンズ

 

安全性の高い成分が入っているドッグフードの選び方

 

総合栄養食であるかどうか!?

 

ワンちゃんには総合栄養食と言われているドッグフードを与えていればサプリいらず。

 

後は新鮮なお水のみでOKなんです。

 

 

その他、手作りでフードを考えよう、野菜をあげよう豆腐をあげようなんて思わなくても大丈夫!

 

良いと言われているドッグフードにはタンパク質、脂質、炭水化物、ミネラル、食物繊維等が総合栄養食と言われるドッグフードの中にちゃんと入っています。

 

保存料や着色料など添加物が入っていないフードを選ぶ

 

アレルギーのワンちゃんにはアレルギーフリーのフードを探す

 

私がおすすめするドッグフードランキングトップ3はどれも安心できるものです。

 

ランキングトップ3はどれも安心ドッグフードですが、一押しはファインペッツです。

 

私の周りで犬を飼ってる人たちにファインペッツをおすすめした所、どの子も大喜びで食べたそうです。。

 

もちろんワンちゃんにも安心だし、経済的にも安上がりになるから良かったと話しています。

 

歯磨き専用のおやつを買ってあげる必要も無くなったし、ファインペッツだけを買っていれば他に何もいらないんです。

 

私が声を大にしておすすめするドッグフードトップ3ファインペッツ、カナガン、ネルソンズの詳細をチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

飼い主さんのドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まる
ドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まってしまうと言うのは本当です。 添加物たっぷりのフードを与えていたら身体の不調も色々なところに現れる率が高いのです。 普大切なワンちゃんの命を守っていくドッグフード。 飼い主さんのドッグフードの選び方ひとつでワンちゃんの健康維持につながります。
愛犬を長生きさせるために大事なのは良いドッグフードと運動
愛犬に長生きしてもらいたいと思うのはどんな飼い主さんも同じ。 病気知らずで元気いっぱいに毎日を過ごしてもらいたいですよね。 それには飼い主さんもワンちゃんにドッグフードの大切さを分かったうえで与えて欲しいと思います。 ワンちゃんを長生きさせるための秘密とは? 品質重視を第一に考えた愛犬が喜ぶおすすめのドッグフードのランキングを集めました。 本当に良い厳選した材料をだけを使ったドッグフードで飼い主さんも安心。
愛犬には運動と評判の良いドッグフードが大事
愛犬が健康で長生きできる評判のドッグフードとは? 愛犬の体質にあったドッグフードを選ぶことは大切です。 評判でおすすめのドッグフードトップ3はどれも安心で安全ですが、それぞれ特徴があるのでワンちゃんの体質にあったドッグフードを選ぶと言うことは大切です。
穀物不使用のドッグフードのメリット5選
愛犬のドッグフードは穀物不使用の方が良いと言われています。 犬はもともと肉食動物です。 穀物だと、ワンちゃんの消化能力が厳しいものとなり、消化不良を起こしかねません。 グレインフリーと言われる穀物不使用のドッグフードメリット5選とは?
ウェットタイプや缶詰のドッグフードとカリカリのドライタイプどっちが良いの?
ドッグフードにはドライタイプとウェットタイプがあります。 どちらが良いのかと言うと断然ドライフードです。 ウェットタイプの半生や缶詰もワンちゃんの体質によってあげている飼い主さんもいます。 ウェットタイプのフードをあげるとしてもご褒美として嗜好品と言うスタンスで考えた方が良いですね。 その理由は添加物や口の中の環境を考えるとあまり半生はおススメしないからです。
動物病院ですすめられるドッグフードの真実とは!?
動物病院ですすめられるドッグフードは安全安心なものなのでしょうか? どこか不調があって獣医さんに診てもらった結果某ドッグフードをすすめられることになった飼い主さんも多いのです。 そのドッグフードを食べて元気になったワンちゃんがいるのも確かですが、添加物が入っているなどのうわさがあるのも事実です。
添加物が入っていない安全なドッグフードを選ぶには?
ワンちゃんには添加物が吐いていないものをあげたいですね。 人間も同じですが、添加物を多く含む食品を食べると身体に不調をきたします。 では、ドッグフードで添加物が入っていないものがあるのでしょうか?
食が細い子に与えたい食いつきの良いドッグフードなら断然カナガン!
ワンちゃんは食べることが一つの楽しみです。 良い素材を使用したドッグフードはもちろんの事、健康になって美味しいドッグフードを与えてあげたいですね。
初めてのドッグフードの選び方のポイントは?
初めてのドッグフードの選び方のポイントは何と言っても年齢と体重です。そこにそのワンちゃんの体質も考慮します。アレルギーがあるかどうかも早めにわかればアレルギー専用のドッグフードを選ぶ事がまずは大事ですね。