高齢犬などシニア犬におすすめなドッグフード

ドッグフードシニア用に何歳頃から切り替えたら良いの?

愛犬が7歳くらいから飼い主さんはドッグフードの切り替えを考える人が多いですね。

 

7歳、11歳、13歳とドッグフードがシニア用に別れているのを私は以前市販で買っていました。

 

何が違うのかもわからなかったのですが、低脂肪、低カロリーの材料がドッグフードに多く含まれていたんだと思いました。

 

それにしても7歳、11歳、13歳と2年ごとに切り替える必要があるのか疑問でしたが、メーカー側がそういったドッグフードを販売すればその分売れると言うことになりますね。

 

シニアと言われる7歳でドッグフードは切り替える必要があるの?

 

7歳以降はなぜシニア用にした方が良いの?

 

歳をとってくると代謝も落ちてきます。

 

若い頃よりも食欲は落ちてくると言う想定でシニア用が作られているのです。

 

代謝が落ちているのに今までと同じドッグフードだと太ってしまうからですね。

 

とは言うものの7歳で切り替えた方が良いとは言いきれないようです。

 

ワンちゃんも個人差があります。

 

7歳でも10歳超えても食欲が変わらないワンちゃんもいます。

 

 

シニア期に入ったワンちゃんでも食欲が若い頃と変わらない場合はどうしたら良いの?

 

そういったワンちゃんにシニア用のドッグフードを与えてしまうと、まだまだ代謝もいい為痩せてしまう場合があります。

 

7歳と言う年齢を区切りにするのではなく、わんちゃんの食欲や代謝を見て判断すると良いですね。

 

獣医さんに相談しても良いと思います。

 

飼い主さんの中には永遠とシニア用に合えて切り替えなかった人もいます。

 

7歳になったらシニア用のドッグフードに切り替える必要のないわんちゃんもいると言うことになりますね。

 

ですが、平均的にはやはり年齢に合ったドッグフードを与えることを推奨されます。

 

シニア用のドッグフードで合わないワンちゃんもいる

 

普通は老犬と言われるシニア犬になったら代謝は落ちるものです。

 

ですので、摂取カロリーは抑えて食べさせないと太ってしまいます。

 

でも、7歳過ぎても走り回ったり運動量がそれなりのわんちゃんだったらドッグフードをシニア用に替えたら逆に痩せてしまうこともあるんです。

 

シニア犬だから太らせないようにドッグフードの量を少なくしているとみるみる痩せてしまうわんちゃんいるのです。

 

元気のあるわんちゃんだったら無理にシニア用に切り替える必要もありませんし、代謝が若い頃と変わらない間は今までのドッグフードでも良いのです。

 

ただし、もう少しわんちゃんが高齢になるとカロリーの問題だけではなく、免疫強化したり病気になりにくいことも考えてドッグフードを切り替える必要も出てきます。

 

シニア用のドッグフードに切り替える理由

 

筋力が落ちやすいシニア期だからこそ良質なお肉たっぷりのたんぱく質を与えたいですね。

 

良質のたんぱく質で老年期も筋肉を増やしてあげなければ弱ってしまいます。

 

カロリーを抑える事ばかり考えるとわんちゃんは痩せてしまいますが、シニア期になったら身体の事も考えたドッグフードに切り替えも考えた方が良いかもしれません。

 

シニア期になったら、今までのドッグフードの量を調節しているから大丈夫と言う飼い主さんもいます。

 

でも、歳をとったと言うことが目に見えている場合はシニア犬の事を考えたドッグフードを与えていると安心できますよね。

 

わんちゃんは見た目よりも実際の身体の方が老いていき、そこから見た目も年齢的な衰えが見えてくるのです。

 

愛するわんちゃんの年齢を感じてきたら飼い主さんとの触れ合いも今以上にすると深い愛で包まれていると言うことがワンちゃんにもわかります。

 

時にはドッグフードも手に乗せて食べさせると言う行為もシニア期には愛情表現の一つかもしれません。

関連ページ

代謝が悪くなっているシニア犬におススメなドッグフードとは?
老犬(シニア犬)は代謝が悪くなります。 今までと同じドッグフードを与えていますか? シニア用に切り替える場合もありますが、うちのわんちゃんは年齢によって分けられていないファインペッツを安心して食べさせています。
老犬にはシニア犬専用のフードをあげた方が良いの?
愛犬がシニア期(老犬)になった時にはシニア専用のドッグフードを与えた方が良いのでしょうか? カロリーの事、歯の事、健康の事を考えてシニア専用のドッグフードをおすすめします。 ファインペッツは前年齢に対応しているドッグフードなのでこちらだったらこれ一つでワンちゃんの一生を支えることが出来ますね。
ドッグフードシニア小型犬におすすめなのは?
ドッグフードシニア用の小型犬におすすめなのは? まずは小粒を選びたいですね。 消化吸収の良い品質重視のものでおすすめなドッグフードは? ランキングトップ3に入っているファインペッツとカナガンはドッグフードシニア小型犬におすすめです。
老犬には体重管理を考えたシニア用ドッグフードを与えよう
ドッグフードは体重管理と摂取カロリーを考えた品質重視の安心安全ドッグフードを与えましょう。 政権であっても肥満だと感じたら「体重管理用」のフードを、老犬(シニア)になった時にも考えてドッグフードシニアを与えましょう。
高齢犬におすすめなドッグフードは?
高齢犬になったら、ドッグフードもシニア用に帰る必要が出てきます。市販のドッグフードや通販でも年齢別にドッグフードを選ぶようになってますね。でも全年齢OKなドッグフードもあります。幼犬から成犬~シニア犬まで対応しているドッグフードはまさに高タンパク質でお肉本来のおいしさと原料で安心できるもの。7歳を過ぎた老犬にはドッグフードも安心安全なものを吟味してあげたいですね。