飼い主さんのドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まる

飼い主さんのドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まる!?

初めてワンちゃんをお家に迎えた時って何から用意をして良いか戸惑いますよね。

 

取りあえず、新鮮なお水と食べ物をワンちゃんのために買わなくっちゃと思います。

 

ゲージやトイレシートも必要ですが、何はなくともお水とワンちゃんの月齢にあったドッグフードを用意しなくてはなりません。

 

ペットショップでワンちゃんを購入する場合、何を買ったら良いか店員さんに相談すれば丁寧に教えてくれます。

 

ワンちゃんのドッグフードはどこで買えば良いの?

 

ペットショップには色々なドッグフードも揃えていますので迷ってしまいますね。

 

ドッグフードの金額も微妙に違います。

 

飼い主さんが「安いので良いですよ」と、もし言ったならそれなりの材料しか入っていないドッグフードと言うことになります。

 

ドッグフードを安く売るには原材料などに良いものは使えません。

 

お店にあるドッグフードは値段の高いものや安いものはだいたい品質も比例してます。

 

フードの裏を見て添加物などが書いてありますが、最初はわからないものです。

 

初めてワンちゃんを迎える時はまだわからないことだらけなのです。

 

ワンちゃんのいる生活に慣れてきて、ネットや人からの情報等を仕入れた後にドッグフードの品質の大切さを段々と理解してきます。

 

ワンちゃんの食事は最初はペットショップやスーパーで買っている飼い主さんも多いのは仕方がないことですね。

 

ドッグフードの大切さを飼い主さんは理解していく

 

幼犬の時に早速獣医さんのお世話になる場合も多いのですが、その時にワンちゃんの体質がわかる場合ああります。

 

うちの子の場合は生後40日で1キロもありませんでしたし、家に着いた途端ぐったりしていました。

 

ちゃんと座れないし、歩くことも出来ない。

 

ストレスなのか、どこか具合が悪いのか?!と心配したものです。

 

夜中に救急で診てくれる動物病院を探して診てもらいました。

 

血糖値がかなり低いことがわかりました。

 

点滴をしたり、薬をもらった記憶があります。

 

幼犬用のミルクをスポイトで飲ませ、ドッグフードのカリカリをお湯でふやかして食べさせて元気になりました。

 

ワンちゃんも口から入るもので生命を維持しているので、食べられないと言うことは良くないのですね。

 

他にはアレルギー体質、元気があまりない、エサを食べたがらない、吐いてしまう。

 

ワンちゃんの不調の色々な経験をして初めて与えているドッグフードは大丈夫なのかと考えるようになります。

 

とは言ってもうちの子にはしばらくは市販のドッグフードを与えていました。

 

その後に添加物たっぷりのドッグフードの危険を知ることになったのです。

 

 

ドッグフードで寿命は決まる?!

 

最初に購入していたドッグフードで何も問題はないと思って、ずっと同じものを与えていた場合いったいどうなるのでしょう。

 

ワンちゃんの毛の艶は?

 

元気はありますか?

 

病気ばかりしていませんか?

 

何か不調があると獣医さんに診てもらう事になります。

 

動物病院で「この子にはこんなフードを与えていると不調も段々改善されていきますよ」

 

と、おすすめのドッグフードの購入を促されることもあると思います。

 

だいたい動物病院はドッグフードやキャットフードのメーカーとの付き合いもあります。

 

店販と言う形で動物病院も診察以外でドッグフード販売により利益も生んでいます。

 

でも、品質はどれも良いものですね。

 

動物病院で販売しているドッグフードで何かあったら大変ですから。

 

一部添加物などが入っている事が飼い主さん達にわかり、当初よりは売り上げが落ちているメーカーもあります。

 

添加物と言っても市販のドッグフードに入っているものに比べたら心配のない程度のものだそうです。

 

某メーカー、うちの子にも獣医さんがすすめていたので食べさせていました。

 

ですが、ネットではかなり叩かれているドッグフードです。

 

何かのきっかけがあって初めてドッグフードの品質の大切さを知る機会に遭遇することが多いですね。

 

うちもそうでしたから。

 

添加物や肉の副産物、量増しのために必要のない材料を混ぜてドッグフードを売っている事実も知りました。

 

そんな材料が入っていればワンちゃんにも良くないに決まっています。

 

人間だって、添加物がたくさん入ったものを食べ過ぎると癌になったり他にも色々な病気をもたらすことがわかっています。

 

そのような食事を与えすぎていると不調が続き飼い主さんも心配続きです。

 

飼い主さんのドッグフードの選択により愛犬の寿命が決まると言っても過言ではないのです。

 

ワンちゃんに健康で長生きしたもらいおすすめのドッグフードランキングトップ3詳しくはこちら

 

ワンちゃんも美味しく食べて元気な毎日を送ってほしいから、安全で安心できるドッグフードを選択することは大事です。

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

愛犬を長生きさせるために大事なのは良いドッグフードと運動
愛犬に長生きしてもらいたいと思うのはどんな飼い主さんも同じ。 病気知らずで元気いっぱいに毎日を過ごしてもらいたいですよね。 それには飼い主さんもワンちゃんにドッグフードの大切さを分かったうえで与えて欲しいと思います。 ワンちゃんを長生きさせるための秘密とは? 品質重視を第一に考えた愛犬が喜ぶおすすめのドッグフードのランキングを集めました。 本当に良い厳選した材料をだけを使ったドッグフードで飼い主さんも安心。
愛犬には運動と評判の良いドッグフードが大事
愛犬が健康で長生きできる評判のドッグフードとは? 愛犬の体質にあったドッグフードを選ぶことは大切です。 評判でおすすめのドッグフードトップ3はどれも安心で安全ですが、それぞれ特徴があるのでワンちゃんの体質にあったドッグフードを選ぶと言うことは大切です。
穀物不使用のドッグフードのメリット5選
愛犬のドッグフードは穀物不使用の方が良いと言われています。 犬はもともと肉食動物です。 穀物だと、ワンちゃんの消化能力が厳しいものとなり、消化不良を起こしかねません。 グレインフリーと言われる穀物不使用のドッグフードメリット5選とは?
安全性の高い成分が入っているドッグフードの選び方とは?
安全性の高いドッグフードを愛犬には与えたいですよね。 例えば、どんなものが良くないのか知っておくことも大事です。 私がおすすめするドッグフードランキングトップ3のファインペッツ、カナガン、ネルソンズはドッグフードの中でもかなり安全性の高い成分が入っているドッグフードと言えます。
ウェットタイプや缶詰のドッグフードとカリカリのドライタイプどっちが良いの?
ドッグフードにはドライタイプとウェットタイプがあります。 どちらが良いのかと言うと断然ドライフードです。 ウェットタイプの半生や缶詰もワンちゃんの体質によってあげている飼い主さんもいます。 ウェットタイプのフードをあげるとしてもご褒美として嗜好品と言うスタンスで考えた方が良いですね。 その理由は添加物や口の中の環境を考えるとあまり半生はおススメしないからです。
動物病院ですすめられるドッグフードの真実とは!?
動物病院ですすめられるドッグフードは安全安心なものなのでしょうか? どこか不調があって獣医さんに診てもらった結果某ドッグフードをすすめられることになった飼い主さんも多いのです。 そのドッグフードを食べて元気になったワンちゃんがいるのも確かですが、添加物が入っているなどのうわさがあるのも事実です。
添加物が入っていない安全なドッグフードを選ぶには?
ワンちゃんには添加物が吐いていないものをあげたいですね。 人間も同じですが、添加物を多く含む食品を食べると身体に不調をきたします。 では、ドッグフードで添加物が入っていないものがあるのでしょうか?
食が細い子に与えたい食いつきの良いドッグフードなら断然カナガン!
ワンちゃんは食べることが一つの楽しみです。 良い素材を使用したドッグフードはもちろんの事、健康になって美味しいドッグフードを与えてあげたいですね。
初めてのドッグフードの選び方のポイントは?
初めてのドッグフードの選び方のポイントは何と言っても年齢と体重です。そこにそのワンちゃんの体質も考慮します。アレルギーがあるかどうかも早めにわかればアレルギー専用のドッグフードを選ぶ事がまずは大事ですね。