穀物不使用のドッグフードのメリット5選

穀物不使用のドッグフードのメリット5選

穀物とはどんなものなの?

 

穀物とは大きく分けると米、小麦、とうもろこしです。

 

お米は人間だったら毎日のように食べますね。

 

特に小麦は色々なもの変化して人間の口に入ります。

 

 

例えば、パン、パスタ、ケーキを作るのになくてはならないもの。

 

とうもろこしはビタミン類もミネラルも食物繊維も入っていますが、脂質が高いのです。

 

このような穀物がドッグフードに入っていることはワンちゃんにとってあまり良いことではありません。

 

最近は穀物不使用のドッグフードは何が違うの?

 

穀物が入っていると、消化が難しいのでワンちゃんには「穀物不使用」のドッグフードが良いと言われています。

 

安いドッグフードには量増しをするために穀物が多く使われています。

 

本来なら良質なお肉をふんだんに使ったドッグフードがワンちゃんには良いのです。

 

また、お肉の量を多くすることでかなり美味しさは出てきます。

 

ワンちゃんの食いつきが違って来ます。

 

穀物たっぷりのドッグフードだと、美味しくなくともお腹すいている場合はワンちゃんは仕方なく食べます。

 

穀物がたくさん入っていると炭水化物の量をたくさん摂る事になってしまうのです。

 

ワンちゃんのために良いのは糖質が少なく、良質なタンパク質で出来ていて低いGIのドッグフードを与えるのが理想なのです。

 

低GIとは?

 

食後の血糖値が高くなる食品ほどGI値は高いと言われています。

 

炭水化物は気をつけないと肥満になってしまいますね。

 

先ほどの穀類はまさしくGI値が高いものなのです。

 

こういった材料がドッグフードに入っていたらワンちゃんは消化が中々出来ません。

 

人間もワンちゃんも太りやすくもなりますし、炭水化物を多く摂ると腸が汚れてしまうのです。

 

穀物が入っているドッグフードは良くないことがわかりました。

 

穀物が入っていない愛犬喜ぶドッグフードランキングトップ3の詳細はこちら

 

穀物がたくさん入ったドッグフーをは愛犬には食べさせたくない理由とは

 

穀物不使用は今、別名「グレインフリー」と呼ばれています。

 

このグレインフリーのドッグフードを探してドッグフードを選んでいる飼い主さんもだいぶ増えてきました。

 

ワンちゃんの健康を思い穀物は入っていないドッグフードをと思っています。

 

その代わりにお肉たっぷりのドッグフードがワンちゃんの臓器には良いのです。

 

 

 

 

それはなぜかと言うと、元々ワンちゃんは肉食動物です。

 

炭水化物を消化するのには難しい動物。

 

穀物がたくさん入っているドッグフードを食べさせていたら?

 

ワンちゃんの身体はいつか不調が出て来てしまう心配があります。

 

でも、実際にどこでも売っているようなドッグフードの中には高いGI値のものがたくさん入っています。

 

高いGI値と言うと、3大穀物と言われている「米、小麦、とうもろこし」です。

 

このような高い脂質の材料が入ったドッグフードを食べるとワンちゃんは肥満になったり、糖尿病になったり内臓に負担を掛けます。

 

メーカーがコストダウンのためにGI値の高い穀物を入れて販売していると言う事実があります。

 

ワンちゃんに穀物不使用のドッグフードを与えるメリット5選とは?

 

「グレインフリー」穀物不使用のドッグフードはこんなにメリットがあると言うことを飼い主さんがわかっていると良いですね。

 

消化不良しにくい

 

内臓への負担が少なくて済む
穀物は消化が悪いので、ワンちゃんの身体は消化するのが大変

 

穀物アレルギーを回避できる

 

少ない量で済む

 

お肉の量が多いので、腹持ちが良い

 

消化不良などを起こしにくいので、健康で長生きする

 

穀物不使用のメリット5選いかがでしたか?

 

愛犬には健康でいてもらいたいから穀物不使用のドッグフードを選びたいですよね。

 

穀物不使用で安全安心なドッグフードトップ3詳細をチェック

関連ページ

飼い主さんのドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まる
ドッグフードの選択で愛犬の寿命が決まってしまうと言うのは本当です。 添加物たっぷりのフードを与えていたら身体の不調も色々なところに現れる率が高いのです。 普大切なワンちゃんの命を守っていくドッグフード。 飼い主さんのドッグフードの選び方ひとつでワンちゃんの健康維持につながります。
愛犬を長生きさせるために大事なのは良いドッグフードと運動
愛犬に長生きしてもらいたいと思うのはどんな飼い主さんも同じ。 病気知らずで元気いっぱいに毎日を過ごしてもらいたいですよね。 それには飼い主さんもワンちゃんにドッグフードの大切さを分かったうえで与えて欲しいと思います。 ワンちゃんを長生きさせるための秘密とは? 品質重視を第一に考えた愛犬が喜ぶおすすめのドッグフードのランキングを集めました。 本当に良い厳選した材料をだけを使ったドッグフードで飼い主さんも安心。
愛犬には運動と評判の良いドッグフードが大事
愛犬が健康で長生きできる評判のドッグフードとは? 愛犬の体質にあったドッグフードを選ぶことは大切です。 評判でおすすめのドッグフードトップ3はどれも安心で安全ですが、それぞれ特徴があるのでワンちゃんの体質にあったドッグフードを選ぶと言うことは大切です。
安全性の高い成分が入っているドッグフードの選び方とは?
安全性の高いドッグフードを愛犬には与えたいですよね。 例えば、どんなものが良くないのか知っておくことも大事です。 私がおすすめするドッグフードランキングトップ3のファインペッツ、カナガン、ネルソンズはドッグフードの中でもかなり安全性の高い成分が入っているドッグフードと言えます。
ウェットタイプや缶詰のドッグフードとカリカリのドライタイプどっちが良いの?
ドッグフードにはドライタイプとウェットタイプがあります。 どちらが良いのかと言うと断然ドライフードです。 ウェットタイプの半生や缶詰もワンちゃんの体質によってあげている飼い主さんもいます。 ウェットタイプのフードをあげるとしてもご褒美として嗜好品と言うスタンスで考えた方が良いですね。 その理由は添加物や口の中の環境を考えるとあまり半生はおススメしないからです。
動物病院ですすめられるドッグフードの真実とは!?
動物病院ですすめられるドッグフードは安全安心なものなのでしょうか? どこか不調があって獣医さんに診てもらった結果某ドッグフードをすすめられることになった飼い主さんも多いのです。 そのドッグフードを食べて元気になったワンちゃんがいるのも確かですが、添加物が入っているなどのうわさがあるのも事実です。
添加物が入っていない安全なドッグフードを選ぶには?
ワンちゃんには添加物が吐いていないものをあげたいですね。 人間も同じですが、添加物を多く含む食品を食べると身体に不調をきたします。 では、ドッグフードで添加物が入っていないものがあるのでしょうか?
食が細い子に与えたい食いつきの良いドッグフードなら断然カナガン!
ワンちゃんは食べることが一つの楽しみです。 良い素材を使用したドッグフードはもちろんの事、健康になって美味しいドッグフードを与えてあげたいですね。
初めてのドッグフードの選び方のポイントは?
初めてのドッグフードの選び方のポイントは何と言っても年齢と体重です。そこにそのワンちゃんの体質も考慮します。アレルギーがあるかどうかも早めにわかればアレルギー専用のドッグフードを選ぶ事がまずは大事ですね。